終活コラム

遺品整理士の終活コラム

question_07.jpg 

第30回 環境啓発セミナー、しました

本業的にはちょっとした閑散期になりました

繁忙期にかまけてすっかり更新が遅くなりました。株式会社三共の吉川徹でございます。浜松まつりも終わり、暑かったり肌寒かったり、なかなか安定しない季節ですが、みなさま体調はいかがでしょうか。

今日は先日させていただいたセミナー内容について、お話ししたいと思います。

今回は終活ではなく、廃棄物処理業に携わる立場から、環境啓発に関するお話をさせていただきました。今、わたしたちは大量消費社会の末期にいます(※1)。大量消費社会においては物を買うこと、物が増えることが幸せの証でした。

そして今、末期にいるわたしたちは、大量の不用品に囲まれています。豊かさとは物の量に正比例するものではありません。リデュース、リユースを心がけ、それでも残ってしまう物は適正に廃棄をしましょう。物がないこと、それが本当の贅沢かもしれません。そんなお話です。

 

 

 

リサイクルショップではなく、リユースショップが正解です

環境啓発というと何だか大上段にかまえた退屈な話になりそうですが(笑)、させていただいたのは環境にまつわるいろいろなお話です。

環境にまつわるクイズ(※2)をし(昔よく見かけた、「古新聞・古雑誌」を軽トラックで無料で回収していた業者は、実は違法行為である。○か×か)、環境最前線の話をし(空き家やごみ屋敷、特殊清掃やヤードについて)、本題に入ります。

みなさまも「3R(スリーアール)」という言葉は聞いたことがあると思います。リデュース、リユース、リサイクルで「3R」。これは現在の小学校中学年の教科書にも載っています。

リデュース(reduce)は「排出抑制」、簡単に言えば「ごみを出さないこと」を言います。環境に負荷をかけない最適な方法がこのリデュース。

法人でいうと、取扱説明書の電子化がこれに当たります。以前は例えばPCにしろ携帯電話にしろ、辞書みたいな分厚い説明書が梱包されていました。これをカットすることで、ごみは減るし企業側はコストも浮くし、お互いにハッピーになるという理屈です。

リユース(reuse)は「再使用」、こちらは「もったいないから誰かにあげる」といったところでしょうか。「お下がり」なんていうのもリユース(下の子が使う、親戚にあげる等)、中古品としてショップに売却するのもリユースです。リサイクルショップなんて言い方もしますが、あれは正確にはリユースショップ、ですね。

セミナーでは、リユースショップ(※3)のFCを12店舗経営している方の言葉も紹介させていただきました。曰く、「あなたにとっての不用品(ごみ)は、他人にとってはそうでないかもしれません。その判断を、わたしたちプロにさせてください」とのこと。ふむふむ、確かにそうかもしれません。

ちなみに最後のリサイクル(recycle:再資源化)は、個人ではなかなか取り組めません。リサイクルはセミナーでは割愛(※4)させていただきました。

 

 

 

総会や勉強会の「添え物」としていかがでしょう!

それでも残ってしまった物は適正に廃棄をしましょう。廃棄には必ずお金がかかります。物を買うときにお金がかかり、物を捨てるときにもお金がかかります。浜松市の場合、粗大ごみの捨て方は3種類あります。

みずから平和処分場へ運ぶ場合(腕力と車両が必要)、連絡ごみとして手数料を支払う場合(腕力が必要、車両は不必要)、そしてわたしたちのような廃棄物処理業者に頼む場合(腕力も車両も不必要、ただしお金はきっちりかかります)。

どれを選ぶか状況はそれぞれだと思いますので、業者を使う場合はどうぞ適正な業者をお探しください。最後に遺品整理の標準的な見積りのお話しし、1時間強のセミナーは終わり。その後、質疑応答があれば頂戴致します(※5)、になります。

こうして改めてセミナー内容をテキストにしてみると、やっぱり退屈そうに思えますが、大丈夫! どうかわたしの腕を信じてください(笑)。これでももと塾講師、多少は腕に覚えがあります。きちんと「笑いのあるセミナー」に仕上げて見せます。

今回は浜松市消費者団体連絡会さまからのご依頼でした。貴重な舞台をいただき、心より感謝致します。主催者さまのご要望に合わせて、環境啓発・遺品整理・終活に関するセミナーを実施することができますので、何かの勉強会にぜひご用命ください。事前の打ち合わせも含めて対応することが可能です。

と、すっかりわたしの宣伝になってしまいましたが(←確信犯)、みなさまの前でお話しできる日を楽しみにしております。自社主催のセミナーもございますので、その際は弊社サイトにてご案内させてください。それでは、また。

 

 

 

※1 わたしたちは大量消費社会の末期にいます
これはもちろんわたしの個人的な見解で、高度経済成長時に大量に生産・販売された家具が、耐用年数が過ぎ、ちょうど廃棄の適齢期になっているという意味です。例えば。大きくて重くて、そして他人に譲渡しにくくて、今どきの若い人は欲しがらない家具・・・、何だと思いますか? それは婚礼家具です。廃棄物処理会社として、大量の婚礼家具を廃棄してきました。

※2 環境にまつわるクイズ
さてこのクイズの答え、どちらだと思いますか。「古新聞・古雑誌・ぼろきれ・ダンボールなどございませんか?」なんて呼びかけながら、ティッシュペーパーと交換してくれた昭和の風景ですが、正解は「違法行為ではない」んです。この場合の古新聞等は有価物の扱いとなり(専ら物ですらない)、何ら法的な問題はありません。最近はすっかり見かけなくなり、かわりに「資源物回収コンテナ」ができるようになりました。構図は一緒ですね。

※3 リユースショップ
リサイクルという言葉が妙な市民権を得ていますが、「右から左への再利用」ですので、リユースショップが正解。古物商、なんて言い方でもいいと思います。「たくさん持って行ったのに、お昼ご飯代くらいにしかならなかった!」なんてこともあると思いますが、わたしたちのような廃棄物業者に頼めばお金を取られるのですから(笑)、例えゼロ円でも儲けものというものです。ちなみに彼らにとってもっともナーバスになるのは、「盗品と疑われる物」。怪しいと思ったときは、あれこれ理由をつけて引き取りを拒否するそうです。

※4 リサイクルはセミナーでは割愛
上記にもあるように、市民権を得過ぎた感のあるリサイクルという言葉。コストをかければどんなものもリサイクルが可能ですが、環境負荷を考えれば必ずしもそれが正解というわけではないのです。個人レベルで考えれば、リデュース・リユースで充分。ぜひ無理のない範囲で心がけてみてください。

※5
 質疑応答があれば頂戴致します
こういう環境セミナーでよくいただく質問のひとつは、「ごみの分別方法」。市は冊子を配って細かく説明していますが、やっぱり煩雑すぎるんでしょうね。それから写真の廃棄方法について。多くの方は個人情報が気になるんだと思います。あとは仏壇・神棚・人形に関するもの。例えばもし「おひなさま」を処分されるのであれば、メインのふたりだけを人形供養に出して、残りは残念ですが普通に廃棄物として処理してもいいと思います、なんて回答をしています。

 

 

 

バックナンバーはコチラ!

 

 

吉川徹(よしかわとおる) プロフィール
toru_yoshikawa4.jpg

1977年静岡県浜松市出身

遺品整理士(IS02984号)
終活カウンセラー上級インストラクター(15060194)
最終処分場管理責任者

【近況報告】
先日、ゴジラのアニメ映画をDVDで見ました。劇場公開当時、ネットの評判があまり良くなかったのでスルーしてしまったのですが、第2部公開にあたってレンタルしてみると、なかなかおもしろくて。これはそのまま劇場へ行こうという気分になりました。そしてその夜ゴジラの夢を見てうなされる、そんな41歳でございます…。先日、誕生日でした。

question_07.jpg 

第29回 あなたの宗派は何ですか(下)

先生、13個も覚えられません! → だから7個でいいって

冬籠りをする熊の子供たちが、もそもそと起きだしてきそうな季節になりました。もっともそんな光景は見たことはないですが、みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。遺品整理士・終活カウンセラー上級インストラクターの吉川徹でございます。

日本人の葬儀の9割が仏式といわれ、その仏教には一般に13宗派(※1)あるといわれています。そのような席で「ところで、あなたの宗派はどちらですか?」と訊かれても、良識ある社会人としてあたふたせずに答えたい(「うちは浄土宗でございます」)。とはいえ13宗派は多すぎる。ということで、7宗派に縮小してお話をしております。

ちなみに7宗派は以下の通り。前回はCまでお話ししました。開祖の名前まで覚えておくと、中学校の定期テストでいい点が取れるでしょう(笑)。


@天台宗(最澄) … 奈良時代
A真言宗(空海) … 奈良時代
B浄土宗(法然) … 鎌倉時代
C浄土真宗(親鸞) … 鎌倉時代

 

 

 

もっとも日本らしくない宗教、それが日蓮宗です

D臨済宗(栄西) … 鎌倉時代
E曹洞宗(道元) … 鎌倉時代
F日蓮宗(日蓮) … 鎌倉時代

では残りの3つを見ていきましょう。「D臨済宗」と「E曹洞宗」は、どちらもいわゆる禅宗と呼ばれているもの。座禅を組んで悟りを開く、の禅ですね。中国の禅は「達磨(ダルマ)」(※2)を祖としていますが、それを日本に持ち込んだのが、それぞれ栄西と道元という理解でいいと思います。

「浄土宗」・「浄土真宗」とは真逆といっていい教えで、「自力本願 = みずからの力で悟りへと至る」というところが、当時の支配階級である武士たちに強く支持されました。道場で剣を鍛え、禅寺で心を鍛える、といったところでしょうか。特に臨済宗は鎌倉・室町の両幕府から手厚い保護を受けました。高校の日本史の授業で、「京都五山・鎌倉五山」なんていう単語を耳にした方もいると思います。

そして最後は、「F日蓮宗」。実はもっとも日本らしくない宗派がこの日蓮宗です。開祖は日蓮、そのままですね(笑)。したがって「日蓮宗の開祖の名前を答えよ」というテスト問題は成立しないのですが、ちょっと考えてみましょう。開祖の名前を、宗派の名前にしてしまう。他の6つの宗派はそうではないのですから(法然宗とはいわない)、そもそもそこから変わっていますよね。

よく言われてしまうのが、いささかナショナリズムの要素が強いということ。教えとしては法華経を読み、南無妙法蓮華経を唱えることを重視しています。なんみょうほうれんげきょう、なんみょうほうれんげきょう、なんみょうほうれんげきょう(※3)

また、日蓮宗だけに救済があるとし、他の教えはむしろ救済から遠くなってしまう、なんていう思想も、排他的かつ非日本的。海外の宗教ではよくある性格ですが、日本ではなかなかお目にかかれません。阿弥陀如来への念仏は地獄へ入ることであり(念仏無間)、禅への傾倒は魔の所業であるとさえ説きました(禅天魔)。

多様性を良しとし、欧州やアラブ世界と比べて宗教戦争が極端に少ない歴史を持つ我が国では、突然変異的な宗派といえるのかもしれません。

 

 

 

良きキリスト教徒、良きイスラム教徒であることを

「キリスト教徒は良きキリスト教徒であることを、イスラム教徒は良きイスラム教徒であることを、神は望んでおられます」。これはマザー・テレサ(※4)の言葉なのですが、宗教・宗派に上下も尊卑もなく、多様性が担保された社会こそ、価値ある世界だとわたしも信じています。

したがって、ここで神学論争をするつもりはなく、あくまで仏教の7宗派に関する最低限の知識についてお話してきました。初歩の初歩の解説ですので、わたしの書きように教義上の突っ込みどころはあるかもしれませんが、それはどうかご容赦いただきたいと思います。義務教育・中等教育レベルのお話とご理解ください。

日本人は自分たちのことをよく無宗教だと表現しますが、わたしはそうは思いません。これほどまでに豊かな仏教文化があるのですから、日本人の9割は仏教徒だと言っていいと思います。そしてそれがあまりにも当たり前過ぎて、前述のような言い方になってしまうのだと個人的には思っています。

拙い解説でしたが、多少なりとも伝わったでしょうか。ご清聴、ありがとうございました。ところで。あなたの宗派は、何ですか?(※5)

 

 

 

※1 13宗派
13宗で、実は56派あると言われています(十三宗五十六派)。56! さすがに大学入試でも出題されない細かさだと思いますが、例えば浄土真宗が「十三宗」、大谷派が「五十六派」にあたるそうです。奥が深いですねえ。

※2 「達磨(ダルマ)」
達磨、菩提達磨、ボーディダルマとも呼ばれ、インド人の仏教僧です(中国人ではなく、インド人なんです!)。西暦5世紀後半の人物で、150歳まで生きたとか。中国(宋)へ渡り、禅を広めた伝説的な人物で、日本の禅宗の開祖にもされています。あまりにも長い間禅を組んでいたため、両手両足が腐り落ちた、という話は有名ですよね。縁起物のダルマとして、現代日本にも残っています。また実在を疑うような記述もあります。

※3 なんみょうほうれんげきょう
7つもあって、結局よくわからなかったよ、という方はこんな理解でどうでしょう。「なんみょうほうれんげきょう」が出てきたら日蓮宗。「なむあみだぶつ」だったら浄土宗。自由な感じだったら浄土真宗。禅がでてきたら、臨済宗か曹洞宗。古くからあったら、天台宗か真言宗。エキセントリックだったら日蓮宗です。・・・ええっと、乱暴過ぎですかね(笑)。

※4 マザー・テレサ
マザ・ーテレサのこの言葉ですが、これ、本当にすごいと思います。敬虔なカトリック信者が言うことではない(笑)。ここでいう「神」とは、ゴッドなのでしょうか、アッラーなのでしょうか、ヤーヴェなのでしょうか。もはや宗教を超越した彼女独自の視点ですが、わたしはいちばん好きな言葉です。ちなみに2番目に好きな言葉はこれ。曰く、「愛の対義語は憎悪ではなく、無関心である」。マザー・テレサが苦手だという方もいるとは思いますが、彼女は本当に教養人・哲学人であったと思います。ちなみに出身はマケドニア。彼女はインド人ではないんですよね。

※5
 あなたの宗派は、何ですか?
前回のコラムでも触れましたが、浄土宗の信徒であるわたしにとって、「他力本願」の教えはとても尊いもの。したがって、自力本願たる禅宗との相性は今ひとつ。今ひとつ興味が湧きません。座禅も苦手だし。歴史で宗教の授業を受ける生徒の気持ちがよくわかります。とはいえ、大人になれば宗教は本当におもしろいなと思います。世界宗教の話もいつかしたいですね。ヒンドゥー教とか、英国国教会とか。

 

 

 

バックナンバーはコチラ!

 

 

吉川徹(よしかわとおる) プロフィール
toru_yoshikawa4.jpg

1977年静岡県浜松市出身

遺品整理士(IS02984号)
終活カウンセラー上級インストラクター(15060194)
最終処分場管理責任者

【近況報告】
先日のセミナー終了後、主催者側からこっそりアンケート内容を見させていただきました。特に問題がなかったようで、こっそりひと安心。お客様の声って大事ですよね。いつもびくびく、気になる小心者です(笑)。そういえば塾講師時代も生徒アンケートに一喜一憂していたなあ、なんていうのも今は昔。慣れは安全を担保しない。いつでも初心を忘れずにいたいと思います。

question_07.jpg 

第28回 あなたの宗派は何ですか(上)

先生、13個も覚えられません! → よい、7個で許す

春の到来までもう少し。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。株式会社三共の吉川徹でございます。今回のテーマは、社会人としてあらかじめ答えを用意しておきたいあの質問(笑)、「あなたの宗派は何ですか」です。

日本国憲法によって「信教の自由」は認められていますので(どの宗教を信じてもいいし、どの宗教も信じないでもいい)、親が仏教徒だからと言って子も仏教徒になる必要はありません。自分で自由に選択していいのです。

とは言え、大抵は親の宗教・宗派を受け継ぐもの。お葬式のときなどによく聞かれるこの質問ですが、「うちはどこだったっけなあ」となりがちです。そこで今回は、日本人の葬儀の9割を占める「仏教の各宗派」についてお話ししたいと思います。

ちなみに残りの1割は神道でのお葬式。お焼香があれば仏教、なければ神道という理解でかまいません。キリスト教の結婚式に呼ばれることはあっても、お葬式はまずありません。みなさまの体感もまず同じような感じではないでしょうか。

よく仏教には13宗派ある(※1)と言われるのですが、初心者に13という数は多い(笑)。あくまで初歩の初歩の話をしますので、ここでは7宗派に限定しちゃいます。大丈夫です、わたしはかつては中等部社会科を担当していた元塾講師。中学校の社会科の教科書程度の知識など造作もありません(←逆に言うとその程度)。  

 

 

 

宗教は必ずその国の文化的な背景に影響されます

そもそも仏教は、現在のインドで生まれたもの。開祖は釈迦(※2)ですよね。言うなればこの「インド仏教(オリジナル)」が中国に伝わり(中国仏教)、朝鮮に伝わり(朝鮮仏教)、そして日本に伝わりました(日本仏教)。したがって日本仏教とオリジナル仏教の間に拭いがたい差異があったとしても、それはむしろ当然なのです。

ちなみに釈迦は、王家に生まれながら、親も妻も(背負うべき国も)捨てて出家をした人物。その人物が産み落とした宗教が、遠く日本では先祖供養の具に使われる。これは決して皮肉ではなく、宗教というのは得てしてオリジナルの姿から大きく変容するものなのです(逆に変容できない原始宗教は、姿を消していきました)。

日本ではちょうど聖徳太子の時代(飛鳥時代)に仏教が伝わり(※3)、奈良時代に「@天台宗」と「A真言宗」ができました。最澄(さいちょう)と空海(くうかい)という偉い人がこれを開き、特に空海は「弘法大師」として今でも有名ですよね。

奈良時代に生まれたこのふたつの宗教は、比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)と高野山金剛峰寺(こうやさんこんごうぶじ)をそれぞれ本山とするのですが、どちらも山中で厳しい修行をするのが特徴。当時は最先端の学問を学ぶ大学のような機能を持っていました。

天台宗で学んだ人が後に新しい宗派を作ることも多く、また、真言宗は国内で唯一の「密教」とされています。厳しい教えを修めた限られた者のみが信仰を許される、という意味です。

 

 

 

大丈夫、あなたは必ず成仏できます

平安時代になると貴族を中心に浄土信仰が流行します。その流れを受けて、鎌倉時代に生まれるのが「B浄土宗」と「C浄土真宗」です。以前もこのコラムで書きましたが、我が家は浄土宗。浜松市中区に実家の菩提寺があります。

浄土宗は法然(ほうねん)、浄土真宗は親鸞(しんらん)が開祖です。厳しい修行を本懐とする天台宗・真言宗は、その性格上、一部の者たちにしか救済がありませんでした。言わば特権階級の専有物だった仏教を、庶民にも広げたのがこれら鎌倉新仏教の特徴。法然は「他力本願」(※4)を説きました。

他力本願は俗世間において、「他人の力を利用して、みずからの目的を叶えようとすること」という否定的な意味で使われますが(対義語は自力本願)、もともとは仏教用語。曰く、広大な宇宙から見れば、人間などは弱く小さな存在であり、どんな修行を修めようともその大小に差などはない。慈悲深い阿弥陀如来の力によって、すべての人は必ず救われるのである、という意味です。

お葬式で住職から、「一緒に南無阿弥陀仏を唱えてください」と言われた場合、その宗派は浄土宗です。なむあみだぶつ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ。ちなみに南無阿弥陀仏がどんな意味か知る必要はないのです。ただただ、阿弥陀如来の慈悲にすがるだけでよいとのこと。面白いですよね。

浄土真宗はさらに深化していて、救われることが決まっているのだから、もはや南無阿弥陀仏と唱える必要さえない、という教えです。極論を言うと、何ひとつ善行を積まなくてもあなたは必ず救済される(※5)。もしどの宗派にしようか迷っている方がいるのであれば、浄土真宗がおススメです(笑)。

残りは「D臨済宗」と「E曹洞宗」と「F日蓮宗」ですが、案の定、だいぶ長くなりましたので、次回へ続くとさせてください。今回の葬儀は何宗なんだろうと思って参加すると、いささか不謹慎ではありますが、興味深いのも事実。


さて。あなたの宗派は、何ですか?

 

 

 

※1 仏教には13宗派ある
今回の7宗派以外を列挙すると次のようになります。法相宗、律宗、華厳宗、時宗、融通念仏宗、黄檗宗です。ここまでくると相当に細かく、わたしも説明できません(笑)。黄檗宗は「おうばく」と読み、いわゆる禅宗の一派。いやあ、わたしは初めて聞きました。またいわゆる明治以降の新興宗教は、仏教を下敷きにしていてもここにはカテゴライズされないようです。

※2 開祖は釈迦
本名はシッダールタ。異名がたくさんありますが、「仏陀(ブッダ)」は「目覚めた者・悟りを開いた者」という意味で、尊称として「釈尊(しゃくそん)」なんていうのもあります。住職の前で釈尊なんて口走ってしまうと、「おお、きみにもわかるかね」などと仏教談義が始まると思います(笑)。一般には釈迦(シャカ)で可。釈迦は仏教を開いたわけではないと言い出すときりがないので、ここでは難しい話は割愛します。キリスト教はイエスが、イスラム教はムハンマドが開祖という理解でいいと思います。

※3 聖徳太子の時代(飛鳥時代)に仏教が伝わり
当時の朝鮮にあった百済という国から伝わったとされています(ここ、テストに出ます)。今でもそうですが、日本は死に対して強い抵抗感(穢れ)を持っており、土着の宗教ではうまくこれを処理することができないでいました。そこで仏教という外国の宗教を流用し、穢れを抑える装置としてこれを機能させたという説があります。したがって「お葬式だけは仏教で」という考えはあながち間違ってはいないのです。葬式仏教こそが本懐、などと言ってしまうと各方面から叱られそうですが(笑)。

※4 「他力本願」
他力本願ではだめだ、なんて使われ方もしますが、敬虔な浄土宗信徒であるわたしからすると違和感を感じます。過去に政治家がそう発言したときに、浄土宗が正式な抗議をしたこともあるそうで、とかく宗教の世界は難しいもの。ちなみに自力本願は、「みずから禅を組むことで悟りへと至る」ことから自力となるのですが、他力と自力、上下はなく、考え方の違いがあるだけです。言葉も宗教と同じように変容するものですが、オリジナル(原義)を知るのも楽しい行為ですよね。 

※5
 何ひとつ善行を積まなくてもあなたは必ず救済される
「慈悲深い阿弥陀如来によって、すべての者が救済されるのなら、何かを唱える必要さえない、心に思えさえすればいいのだ」というのが、法然の弟子であった親鸞の教えです。ここまで来ると一周して、庶民には何が何だかわからなくなりますが(笑)、ともかく救われるということなのでご安心を。親鸞には有名な「悪人正機説」なんていうものもありますが、ここでは説明しません。だってよくわからないもの。

 

 

 

バックナンバーはコチラ!

 

 

吉川徹(よしかわとおる) プロフィール
toru_yoshikawa4.jpg

1977年静岡県浜松市出身

遺品整理士(IS02984号)
終活カウンセラー上級インストラクター(15060194)
最終処分場管理責任者

【近況報告】
2月25日(日)に、「終活の第一歩! 初めてのエンディングノート」という題で終活セミナーを予定しているのですが、当初はひとコマの予定が、応募多数につきふたコマに増量。さらにそれもすぐに埋まってしまい、本当にありがとうございます! なのですが、主催者サイドから、もう募集できないので宣伝ができなくなってしまいました、とのこと。それは困る(笑)。