question_07.jpg 

第4話「ヴァレンタインの思い出」2014.02.05

  もうすぐヴァレンタイン・デイですね。
  渡したい相手がいるいないにかかわらず

  この時期はお店も可愛くラッピングされて
、気分がうきうきしますよね。
  普段は売っていない珍しいチョコも買えるし

  さんきょちゃんは、ヴァレンタインの思い出って何かありますか。

(23歳・事務・女性)

 

   
さんきょちゃんの秘書の平岡 今回は季節ネタをいただきました。それでは主任、お願いします。
さんきょちゃん

って言われてもなあ。

推定1000歳だからさ、思い出なんて多すぎて検索できないんだよね。

さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・はあ。
さんきょちゃん

でもまあ、日本人はお祭り好きだよね。

ヴァレンタインは言ってしまえば確かに商用イベントだけど、

クリスマスもハロウィンも恵方巻も、もともとは宗教的・地域的なお祭りでしょ?

そこをさくっと乗り越えて首を突っ込んで、

「勝手にアレンジして楽しんじゃえ」っていうノリは、いかにも日本人的だよね。

日本人は楽しいことに貪欲なんだと思うよ。

さんきょちゃんの秘書の平岡 そういうことなんですかね。
さんきょちゃん

ということで。

せっかくの機会なので平岡くんの思い出を聞いてあげよう。

さんきょちゃんの秘書の平岡

そうですねえ。

中学2年のときなんですけど、当時いっこ上の女の子と何回かデートしていて。

でも、この時期の中学3年生は受験で大変じゃないですか。

だからヴァレンタインは会えないねって話していたんですけど、

彼女、そのかわりに手作りチョコを作って渡してくれたんですよ。

夜中にヴァレンタイン特番見ながらひとりでチョコを食べたんですけど、

いやあ、幸せでしたねえ。

結局、その子と付き合うことはなかったんですけどね。

さんきょちゃん ひ・ら・お・か?
さんきょちゃんの秘書の平岡 はい?
さんきょちゃん

ごめん、今日もきもい。

 さんきょちゃんの秘書の平岡 

・・・。

さんきょちゃん

・・・。 

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・みなさまの質問をおまちしております。・・・ありがとうございました。

さんきょちゃん

っていうか、おまえの妄想は妙にリアリティがあるよね。

さんきょちゃんの秘書の平岡

妄想じゃないんですけどね・・・。

 

 

question_08.png

湯煎で溶かしただけなのにそれで手作りって、偽(略)。

 

question_09.jpg
question_10.jpg

次回、第5話「男の価値について語ろう」

▲ページの先頭へ

question_07.jpg 

第3話「今どきの課長職って」2014.01.28

  今の職場で課長になって半年がたちました。
  
プレイング・マネージャーとして、
  
誰よりも早く出社して、誰よりも遅くまで仕事をしているつもりですが、
  
先日、「器じゃないんだよね」と部下のひとりにぽろっと言われてしまいました。
  自分が至らないのは重々承知ですが、正直、傷つきました。
  
器、って何ですか。

(36歳・不動産業・男性)

 

   
さんきょちゃん

プレイング・マネージャーって大変だよねえ。

部下の育成をしながら、同時に自分の数字も上げなくちゃいけないんでしょ?

苦労話はネットでよく聞くもの。

さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・所詮ネットですか。
さんきょちゃん で、今日は本音と建て前とどっちにする?
さんきょちゃんの秘書の平岡 もちろん建て前でお願いします。
さんきょちゃん

おっけ。結局ね、器があるから苦しむんだと思う。

1ミリグラムでも30リューベでも、

それが器という形をなしている限り、最後にはキャパシティの限界がくる。

だから、器そのものをもたなければいいのよ。

器がなければ、器の大きさで悩むことはない。

さんきょちゃんの秘書の平岡 なるほど。少し難しい回答になりましたが、参考になりましたでしょうか。
さんきょちゃん ちなみに本音をいうと・・・。
さんきょちゃんの秘書の平岡 あ、本音はいいです。もう大丈夫です。
さんきょちゃん ・・・。
さんきょちゃんの秘書の平岡 ご質問、ありがとうございました。
さんきょちゃん

・・・・・・。

 

 

question_08.png ・・・もう大丈夫、って何?

 

question_09.jpg
question_10.jpg

次回、第4話「ヴァレンタインの思い出」

▲ページの先頭へ

question_07.jpg 

第2話「どうしてそういう設定なのかは忘れました」2014.01.22

  さんきょちゃんの趣味は何ですか?

(19歳・学生・女性)

 

さんきょちゃんの秘書の平岡

いつも大変お世話になっております。秘書の平岡と申します。

最初の質問をいただきました。ありがとうございます。

いいですね、趣味ですね。主任、お願いします。

さんきょちゃん ええっと、何だっけな。そこにさ、資料があったと思うけど。
さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・これ、ですかね。
さんきょちゃん そうそう。ええっと、「趣味は抹茶スウィーツ」めぐりです。
さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・。
さんきょちゃん ・・・。
さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・一応訊きますが、抹茶スウィーツめぐりって何ですか?
さんきょちゃん さあ? そういう設定っていうだけだしね。
さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・・・・。
さんきょちゃん ・・・・・・。
さんきょちゃんの秘書の平岡 ・・・抹茶スウィーツを食べ歩くのが趣味、っていう理解でいいですかね?
さんきょちゃん

まあ、そういうことじゃない?

さんきょちゃんの秘書の平岡 ちなみに抹茶といえば宇治ですよね。
さんきょちゃん そうね、そして宇治といえば「源氏物語」だよね。
さんきょちゃんの秘書の平岡 そうきますか。
さんきょちゃん 平岡はさ、「源氏物語」に出てくる女性のなかでは誰にいちばん惹かれる?
さんきょちゃんの秘書の平岡 実は六条御息所、なんですねえ。
さんきょちゃん

ああ、マザコンなんだ。納得。きもい。まじきもい。

吐きそう。っていうか、吐いた。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はい、さんきょちゃんの趣味は抹茶スウィーツめぐり、でした・・・。

ありがとうございました・・・。

 

 

question_08.png 抹茶スウィーツめぐり、という設定です。

 

question_09.jpg
question_10.jpg

次回、第3話「今どきの課長職って」

▲ページの先頭へ