question_07.jpg 

第73話「ヴァレンタインの憂鬱」2016.02.15

 

さんきょちゃんの秘書の平岡

係長、おはようございます・・・。

さんきょちゃん

・・・うん、ぽちぽち。

さんきょちゃんの秘書の平岡

お忙しそうに見えるところ恐縮ですが、
ヴァレンタイン・デイまでに2本書くっていう約束でしたよね・・・?

さんきょちゃん

・・・うーん、そうだっけ? ヴァレンタインっていつ? ぽちぽち。

さんきょちゃんの秘書の平岡

知らない乙女はいないと思いますが、2.14です・・・。

さんきょちゃん

・・・ああ、円周率ね、ぐりぐり。大倉庫ってすぐ埋まっちゃうなあ。

さんきょちゃんの秘書の平岡

3.14はホワイト・デイですね・・・、って。
いつの間にVITAを買ったんですか。職場でVITAはやめましょうよう・・・。

さんきょちゃん

・・・任天堂信者たるわたしはPSPとVITAだけはスルーしてきたのだが、
精霊ルビスの啓示があったのだ。アレフガルドを再建せよ、と

さんきょちゃんの秘書の平岡

ドラゴンクエスト・ビルダーズですか。

さんきょちゃん

・・・据え置き版にしておけばよかった。
おかげでどこにいてもプレイできてしまう。実生活に支障がでるな。

さんきょちゃんの秘書の平岡

そんなにはまっているんですね・・・。

さんきょちゃん

・・・語ろうか、平岡?

さんきょちゃんの秘書の平岡

いえ、ヴァレンタイン・デイのほうを語ってほしいです・・・。

さんきょちゃん

仮想の空間に仮想の建物を作る究極の無意味さ。
世界を救うわけでもなく、運命の相手と結ばれるわけでもなく、
ただ単に自分が納得するまで建物を作り込む。
曼荼羅や盆栽にも通じる、まさに禅を体現したゲームだね。
街を作り直して何の意味があるのだろうか。いや、ない。
にも関わらず、その作業に没頭せざるを得ないこの中毒性。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はあ・・・。

さんきょちゃん

生老病死から逃れられないのに、何故、人は生きなければならないのか。
作り上げても意味はないのに、何故、人は作らなければならないのか。
人間が抱える究極の問いと本質を同じくするゲームだね。

さんきょちゃんの秘書の平岡

ちょっと深いことを言ってる雰囲気になってますけど、
ただのゲーマーですよね・・・?

さんきょちゃん

このゲームデザインはほんと天才だわ。
まあ、あくまでマインクラフトを触ったことのない人間の意見だけどな。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はい、サンドボックス型のゲームを初めて触った地球外生命体の意見でした。
はまるのは自由ですが、仕事してくださいよう・・・。

さんきょちゃん

ちなみに! 据え置き版を買ってのリモプはノットおススメ。
画面が暗くなるとかいう前に、文字が小さくなって見辛くなるから。
リモプは大画面を前提とした縮尺だからね。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はいはい。

さんきょちゃん

ボス戦がなあ、わりと手厳しい。まあでも、いろいろ粗さはあるよ。
でもこれ、ドラクエ2をベースにした続編を出されちゃうと、
お姉さん、悶絶しちゃうなあ。アレフガルドから帰還できなくなる。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はいはい。ホワイト・デイにはちゃんと対応してくださいね。

 

question_09.jpg question_10.jpg

次回、第74話「ものごとの定義」

▲ページの先頭へ

question_07.jpg 

第72話「背中で語ります、不器用ですから」2016.01.30

  マネジメントが苦手です。
  というより、何かを教えたり指示したりするのが苦手です。
  先頭に立ってスピーチしたり、言葉で上手に煽ったりするのができません。
  「沈黙は金、雄弁は銀」ではないですが、
  黙々と仕事をして背中で部下を導く、というマネジメントではだめなのでしょうか。

(42歳・会社員・男性)

 

さんきょちゃんの秘書の平岡

暖冬といわれていた今年の冬ですが、きっちり寒い毎日ですよね。
さて、今日も質問が届いております。係長、お願い致します。

さんきょちゃん

いやあ、ほんとウインター・ジェネラルだよねえ。

さんきょちゃんの秘書の平岡

冬将軍ですか、昭和ですね(笑)。

さんきょちゃん

む?

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・いえ、何でもないです。今回はマネジメントのお悩みですね。
昔ながらの、背中で語るマネジメントじゃだめなのか、ということでしょうか。

さんきょちゃん

ばっさり言っちゃうとさ、だめじゃないけど足りない、ということだと思うよ。

 さんきょちゃんの秘書の平岡 

だめじゃないけど足りない、と。

さんきょちゃん

例えばね、じゃあ野球にしようか。
「打撃だけ得意な選手」と「打撃も守備も得意な選手」と、
どっちが優れた選手かと問われれば、これはもう議論にならないでしょ?

さんきょちゃんの秘書の平岡

ええ。

さんきょちゃん

背中で引っ張れる自信があるのはすごいと思うし、いいことよね。
それもマネジメントのひとつの方法だと思うよ、もちろん。
でも。そうであればなおのこと、「言葉でも引っ張れると」もっといい。
背中でも言葉でも部下を引っ張ることができたら、
あなたももうひとつ上のステージに行けるんじゃないかな。

さんきょちゃんの秘書の平岡

うーん、なかなか厳しい解答ですよね。

さんきょちゃん

ちょっと違うかもしれないけどさ、
裏方が得意な人ってもったいないなあ、って思うのよね。 

さんきょちゃんの秘書の平岡

もったいない、ですか?

さんきょちゃん

自分は前に出るのは苦手なので裏方の仕事で貢献します、っていう人、
けっこういるんだよね。あれ、すごくもったいない。
裏方が得意だったら、今回こそ前に出ればいいのに。
そうすればそのうちに表でも裏でも活躍できるようになるのに。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・。

さんきょちゃん

どうして自分自身を小さく規定しちゃうんだろうね。
前に出るのが苦手なので、今回は前に出させてくださいって、
何で言えないんだろうね。
失敗してもいいのに。失敗すればいいのに。みんなわかってくれるのに。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・すみません。今回はちょっと自分は理解できませんでした。
ということでお時間なので締めますが、参考になりましたでしょうか。

さんきょちゃん

しっかし、何で現代はみんなマネジメントで悩むんだろうねえ。
じゃあ、またね。ばいきんきんー。

さんきょちゃんの秘書の平岡

ありがとうございました。お仕事、がんばってくださいね

さんきょちゃん

・・・。 

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・。

さんきょちゃん

・・・ちなみに平岡は昭和何年生まれなの?

さんきょちゃんの秘書の平岡

あ、自分は平成生まれっす。

さんきょちゃん

・・・・・・。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・・・・。

さんきょちゃん

マジか!

   
question_08.png

平成生まれって何だよ(笑)。
そんな連中をマネジメントするのは確かに大変だよねえ。
えっ、わたしは平安生まれなの? 設定的に? 逆算で?

 

 

question_09.jpg
question_10.jpg

次回、第73話「ヴァレンタインの憂鬱」

▲ページの先頭へ

question_07.jpg 

第71話「字幕と吹き替え」2016.01.18

   
さんきょちゃんの秘書の平岡

おはようございます、係長。今日もよろしくお願い致します。

さんきょちゃん

うむ、苦しゅうない。

さんきょちゃんの秘書の平岡 前回の質問箱から少し間が空いてしまいましたね。
さんきょちゃん

正月明けはそれはそれで忙しいからな。
とはいえ、それもわたしの手落ちだ。許せ。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はい(笑)。

さんきょちゃん

実はな、平岡には悪いことをしたと思ってはいるのだ。

さんきょちゃんの秘書の平岡

何ですか?

さんきょちゃん

わたしが昇進して、販宣課主任のポストがそのまま空位になっている。
わたしとしては平岡を上げようと思って推薦したかったのだが・・・。

さんきょちゃんの秘書の平岡

だが?

さんきょちゃん

推薦すべき理由がひとつも思い浮かばなかった。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・。

さんきょちゃん

・・・。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・・・・。

さんきょちゃん

・・・・・・てへ。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・それは新手のパワハラか何かでしょうか。

   

映画フリークのさんきょちゃん、こんにちは。
この前のスターウォーズ最新作のレビュー、感服しました(笑)。
そうですよねえ、うんうん。ということで、質問です!
さんきょちゃんはずばり、字幕派ですか。それとも吹き替え派ですか。

(34歳・アパレル・男性)

   
さんきょちゃん

これは実はなかなか深いテーマなんだよね。
っていうのは、普通に考えると字幕を選んじゃうと思うのよ。
俳優陣のオリジナルな音声を聞きたいからね。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はい。

さんきょちゃん

ところが、字幕と吹き替えって「テキストがまるで違う」のよ。
わたしは一時期、押井守作品にはまっていたことがあって、
「アヴァロン」のDVDを買って何度も見ていたの。
いつも当たり前のように字幕を見ていたんだけど、
さすがにそのうちに飽きて、あるとき何となく吹き替えにしてみたら、
なになに、台詞がぜんぜん違うじゃん、って。

さんきょちゃんの秘書の平岡

ええ。 

さんきょちゃん

これもまあ、考えてみれば当たり前の話でさ。
目で追ってもらうしかない字幕は、人間の処理速度の限界上、
実際には台詞をかなり「はしょって」いるんだよね。
台詞の本当に
キモの部分しか出せないのよ。短くカットしてあるの。

さんきょちゃんの秘書の平岡

ああ、そうなんですね。

さんきょちゃん

でも吹き替えは耳で聞いてもらうぶん処理スピードが速いから、
多くの情報を詰め込むことができる。
結果、オリジナルの脚本に近いのは、実は吹き替えになるのよね。
吹き替えにして初めて意味がわかった、っていう部分もあるくらい。

さんきょちゃんの秘書の平岡

そういうものなんですね。確かに深いですねえ。

さんきょちゃん

だからどっちがいいかというと、
「初見は字幕で、2回目は吹き替えで」という答えになっちゃうの。
好きな作品は両方のヴァージョンを見てほしいな。かなり違うから。

さんきょちゃんの秘書の平岡 ありがとうございました。納得です。
っていうか、押井守ですか?
さんきょちゃん ほんの一時期ね。
別に素子が理想の女性像とか、そういうことを言うつもりはないから(笑)。
 

 

question_08.png

字幕版のいちばんの魅力は外国語の語感を楽しめることよね。
フランス語とかスペイン語とか中国語とか、
意味は追えなくても聞いているだけで心地いい。
だから劇場で一回しか見ないなら、やっぱり字幕かなあ。

question_09.jpg
question_10.jpg

次回、第72話「背中で語ります、不器用ですから」

▲ページの先頭へ