question_07.jpg 

第118話「人格者が何の役に立つのですか」2018.02.27

  さんきょちゃん、ご昇進おめでとうございます。
  会社の採用を任されている37歳、管理職です。
  ご多分に漏れず、採用活動以外の仕事を抱えながら、
  新卒採用の準備をし、通年で中途も取っています。
  その段取りのすべてを任されているのですが、
  ほんと、上からも現場からも要望ばかりで、うんざりします(笑)。
  成長が遅いだの、何を基準にしているんだの、こういう人がほしいだの。
  すみません、愚痴になっちゃいました。
  人材採用の極意、もしあればご教示いただけたらと思います。

(37歳・管理職・女性)

 

さんきょちゃんの秘書の平岡 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」、オットー・ビスマルク。
みなさま、こんにちは。本日は歴史の専門家、
株式会社三共の課長代理、さんきょちゃんをお呼びしております。
さんきょちゃん

こんにちわんわん。

さんきょちゃんの秘書の平岡

採用に関するヒントを、ということだと思うのですが、
いかがでしょうか。何かございますでしょうか。

さんきょちゃん

「項羽と劉邦(りゅうほう)」にこんなエピソードがあります。
君主である劉邦が、重臣にさらなる人材発掘を命じたときの話です。

さんきょちゃんの秘書の平岡

お願いします。

さんきょちゃん

どのような人物をお求めですか、と聞かれた劉邦は、
軍略に強い人物と答え、重臣はまさにそのような人物を探してきました。
ところが実際に起用してみると、どうも評判が悪い。
それを聞いた劉邦は再び重臣を召喚し、こう問いただしました。

さんきょちゃんの秘書の平岡

はい。

さんきょちゃん

「確かに戦争に明るく、切れる男かもしれぬが、
しかし一方で賄賂を要求するなど、散々な悪評も聞こえてくる。
おまえの推薦だから、わたしは信用して採用したのだぞ。
いったいどういうつもりなのだ?」と。

さんきょちゃんの秘書の平岡

ええ。

さんきょちゃん

答えて曰く、「陛下は軍略に強い男を探せ、とおっしゃいました。
人格者を探して来いとは、言わなかったではありませんか。
そもそもこの乱世に、人格者が何の役に立つのですか」。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・。

さんきょちゃん

劉邦はその言葉に、「ハオ(その通りだ)!」と言って膝をたたき、
引き続きその軍略に強い男を重く用いたそうです。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・人格者が何の役に立つのですか。

さんきょちゃん

「漢楚の戦い」の中でも、わたしの好きなエピソードのひとつです。
歴史は人間の物語そのもの、
ビジネスの役に立つものがたくさんあります。
お読みになってはいかがでしょうか。

さんきょちゃんの秘書の平岡

示唆に富んだお話でしたね。本日はありがとうございました。
人は石垣、人は城。採用活動、これからも頑張ってください。

さんきょちゃん

・・・。

さんきょちゃんの秘書の平岡

・・・。

さんきょちゃん

・・・あれ、落ちてないけど、今回はいいの?

 

 

question_08.png

ヴァレンタインねた、やろうよう。
お姉さん、恋バナ好きなんだけどー。

 

 

question_09.jpg

次回、第119話「もう恋なんてしないなんて言わない、なんて言わない」

▲ページの先頭へ

 

 

 

質問箱バックナンバーはコチラ!