question_07.jpg 

第28回 あなたの宗派は何ですか(上)

先生、13個も覚えられません! → よい、7個で許す

春の到来までもう少し。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。株式会社三共の吉川徹でございます。今回のテーマは、社会人としてあらかじめ答えを用意しておきたいあの質問(笑)、「あなたの宗派は何ですか」です。

日本国憲法によって「信教の自由」は認められていますので(どの宗教を信じてもいいし、どの宗教も信じないでもいい)、親が仏教徒だからと言って子も仏教徒になる必要はありません。自分で自由に選択していいのです。

とは言え、大抵は親の宗教・宗派を受け継ぐもの。お葬式のときなどによく聞かれるこの質問ですが、「うちはどこだったっけなあ」となりがちです。そこで今回は、日本人の葬儀の9割を占める「仏教の各宗派」についてお話ししたいと思います。

ちなみに残りの1割は神道でのお葬式。お焼香があれば仏教、なければ神道という理解でかまいません。キリスト教の結婚式に呼ばれることはあっても、お葬式はまずありません。みなさまの体感もまず同じような感じではないでしょうか。

よく仏教には13宗派ある(※1)と言われるのですが、初心者に13という数は多い(笑)。あくまで初歩の初歩の話をしますので、ここでは7宗派に限定しちゃいます。大丈夫です、わたしはかつては中等部社会科を担当していた元塾講師。中学校の社会科の教科書程度の知識など造作もありません(←逆に言うとその程度)。  

 

 

 

宗教は必ずその国の文化的な背景に影響されます

そもそも仏教は、現在のインドで生まれたもの。開祖は釈迦(※2)ですよね。言うなればこの「インド仏教(オリジナル)」が中国に伝わり(中国仏教)、朝鮮に伝わり(朝鮮仏教)、そして日本に伝わりました(日本仏教)。したがって日本仏教とオリジナル仏教の間に拭いがたい差異があったとしても、それはむしろ当然なのです。

ちなみに釈迦は、王家に生まれながら、親も妻も(背負うべき国も)捨てて出家をした人物。その人物が産み落とした宗教が、遠く日本では先祖供養の具に使われる。これは決して皮肉ではなく、宗教というのは得てしてオリジナルの姿から大きく変容するものなのです(逆に変容できない原始宗教は、姿を消していきました)。

日本ではちょうど聖徳太子の時代(飛鳥時代)に仏教が伝わり(※3)、奈良時代に「@天台宗」と「A真言宗」ができました。最澄(さいちょう)と空海(くうかい)という偉い人がこれを開き、特に空海は「弘法大師」として今でも有名ですよね。

奈良時代に生まれたこのふたつの宗教は、比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)と高野山金剛峰寺(こうやさんこんごうぶじ)をそれぞれ本山とするのですが、どちらも山中で厳しい修行をするのが特徴。当時は最先端の学問を学ぶ大学のような機能を持っていました。

天台宗で学んだ人が後に新しい宗派を作ることも多く、また、真言宗は国内で唯一の「密教」とされています。厳しい教えを修めた限られた者のみが信仰を許される、という意味です。

 

 

 

大丈夫、あなたは必ず成仏できます

平安時代になると貴族を中心に浄土信仰が流行します。その流れを受けて、鎌倉時代に生まれるのが「B浄土宗」と「C浄土真宗」です。以前もこのコラムで書きましたが、我が家は浄土宗。浜松市中区に実家の菩提寺があります。

浄土宗は法然(ほうねん)、浄土真宗は親鸞(しんらん)が開祖です。厳しい修行を本懐とする天台宗・真言宗は、その性格上、一部の者たちにしか救済がありませんでした。言わば特権階級の専有物だった仏教を、庶民にも広げたのがこれら鎌倉新仏教の特徴。法然は「他力本願」(※4)を説きました。

他力本願は俗世間において、「他人の力を利用して、みずからの目的を叶えようとすること」という否定的な意味で使われますが(対義語は自力本願)、もともとは仏教用語。曰く、広大な宇宙から見れば、人間などは弱く小さな存在であり、どんな修行を修めようともその大小に差などはない。慈悲深い阿弥陀如来の力によって、すべての人は必ず救われるのである、という意味です。

お葬式で住職から、「一緒に南無阿弥陀仏を唱えてください」と言われた場合、その宗派は浄土宗です。なむあみだぶつ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ。ちなみに南無阿弥陀仏がどんな意味か知る必要はないのです。ただただ、阿弥陀如来の慈悲にすがるだけでよいとのこと。面白いですよね。

浄土真宗はさらに深化していて、救われることが決まっているのだから、もはや南無阿弥陀仏と唱える必要さえない、という教えです。極論を言うと、何ひとつ善行を積まなくてもあなたは必ず救済される(※5)。もしどの宗派にしようか迷っている方がいるのであれば、浄土真宗がおススメです(笑)。

残りは「D臨済宗」と「E曹洞宗」と「F日蓮宗」ですが、案の定、だいぶ長くなりましたので、次回へ続くとさせてください。今回の葬儀は何宗なんだろうと思って参加すると、いささか不謹慎ではありますが、興味深いのも事実。


さて。あなたの宗派は、何ですか?

 

 

 

※1 仏教には13宗派ある
今回の7宗派以外を列挙すると次のようになります。法相宗、律宗、華厳宗、時宗、融通念仏宗、黄檗宗です。ここまでくると相当に細かく、わたしも説明できません(笑)。黄檗宗は「おうばく」と読み、いわゆる禅宗の一派。いやあ、わたしは初めて聞きました。またいわゆる明治以降の新興宗教は、仏教を下敷きにしていてもここにはカテゴライズされないようです。

※2 開祖は釈迦
本名はシッダールタ。異名がたくさんありますが、「仏陀(ブッダ)」は「目覚めた者・悟りを開いた者」という意味で、尊称として「釈尊(しゃくそん)」なんていうのもあります。住職の前で釈尊なんて口走ってしまうと、「おお、きみにもわかるかね」などと仏教談義が始まると思います(笑)。一般には釈迦(シャカ)で可。釈迦は仏教を開いたわけではないと言い出すときりがないので、ここでは難しい話は割愛します。キリスト教はイエスが、イスラム教はムハンマドが開祖という理解でいいと思います。

※3 聖徳太子の時代(飛鳥時代)に仏教が伝わり
当時の朝鮮にあった百済という国から伝わったとされています(ここ、テストに出ます)。今でもそうですが、日本は死に対して強い抵抗感(穢れ)を持っており、土着の宗教ではうまくこれを処理することができないでいました。そこで仏教という外国の宗教を流用し、穢れを抑える装置としてこれを機能させたという説があります。したがって「お葬式だけは仏教で」という考えはあながち間違ってはいないのです。葬式仏教こそが本懐、などと言ってしまうと各方面から叱られそうですが(笑)。

※4 「他力本願」
他力本願ではだめだ、なんて使われ方もしますが、敬虔な浄土宗信徒であるわたしからすると違和感を感じます。過去に政治家がそう発言したときに、浄土宗が正式な抗議をしたこともあるそうで、とかく宗教の世界は難しいもの。ちなみに自力本願は、「みずから禅を組むことで悟りへと至る」ことから自力となるのですが、他力と自力、上下はなく、考え方の違いがあるだけです。言葉も宗教と同じように変容するものですが、オリジナル(原義)を知るのも楽しい行為ですよね。 

※5
 何ひとつ善行を積まなくてもあなたは必ず救済される
「慈悲深い阿弥陀如来によって、すべての者が救済されるのなら、何かを唱える必要さえない、心に思えさえすればいいのだ」というのが、法然の弟子であった親鸞の教えです。ここまで来ると一周して、庶民には何が何だかわからなくなりますが(笑)、ともかく救われるということなのでご安心を。親鸞には有名な「悪人正機説」なんていうものもありますが、ここでは説明しません。だってよくわからないもの。

 

 

 

バックナンバーはコチラ!

 

 

吉川徹(よしかわとおる) プロフィール
toru_yoshikawa4.jpg

1977年静岡県浜松市出身

遺品整理士(IS02984号)
終活カウンセラー上級インストラクター(15060194)
最終処分場管理責任者

【近況報告】
2月25日(日)に、「終活の第一歩! 初めてのエンディングノート」という題で終活セミナーを予定しているのですが、当初はひとコマの予定が、応募多数につきふたコマに増量。さらにそれもすぐに埋まってしまい、本当にありがとうございます! なのですが、主催者サイドから、もう募集できないので宣伝ができなくなってしまいました、とのこと。それは困る(笑)。