終活コラム

遺品整理士の終活コラム

question_07.jpg 

第24回 「自分のための終活」と「他人のための終活」

さんきょちゃんに夏休みなど必要なのだろうか・・・

夏本番、みなさまお過ごしでしょうか。弊社のさんきょちゃんも夏季休暇に入ったようですが(笑)、みなさまも夏休みのご予定は埋まっておりますでしょうか。

弊社の場合、365日、トラック(塵芥車)が動いて(※1)
おります。したがってドライバーは交代で夏季休暇を取るのですが、なかには休暇を申請しない漢気社員もいて、毎日、朝早くからお疲れさまです。ほんと、頭が下がる思いです。

さて。正月にも同じようなことを書きましたが、家族や親戚が集まりやすいこの時期、ぜひぜひ終活の話も取り上げてほしいなと思います。ということで今回のテーマは、「自分のための終活」と「他人のための終活」。

「自分のための終活」は、言わば「楽しい終活」。こういう服を着せて納棺してほしいとか、自分の葬儀にはこういう音楽を流してほしいとか。あるいは思い出の地で散骨をしてほしい、なんていうのも自分のための終活。旅行の計画を立てるみたいな話で、あれこれ悩むのは楽しいですよね。

そして。「他人のための終活」は、換言すれば「残された家族が困らないようにするための終活」。エンディングノートに所有している口座や加入している保険を明記しておく、きちんとした書式の遺言書を用意しておく、などがこれにあたると思います。行為として楽しくはないかもしれないけれど、最愛の家族に過度の迷惑がかからないよう、先手を打っておくことはとても大事です。

「むふふ」と楽しみながら遺言書を書く人はいない(※2)ですよね、たぶんですけれど。

 

 

 

どちらが大事かと言われれば

「自分のための終活」と「他人のための終活」。終活カウンセラーとしてどちらが大事かと問われたら、両方大事です、という答えになります。終活は苦しさをともなう厳しい修行ではありません。これも以前に書きましたが、終活は楽しいもの、です。

自分の興味のあることから始めていただいて、終活って楽しいなあ、と感じてもらえたらわたしも嬉しいです。関連するイベントに参加して、納棺されてみる、遺影を撮ってみる。あるいは「海洋散骨体験ツアー in 沖縄」に参加して、あれこれ思いをはせてみる。

実際、終活フェスタや終活セミナーに参加される方は圧倒的に女性のほうが多いです。あくまで個人的な意見ですが、男性より女性のほうが人生を主体的に楽しむ能力に長けている気がします。

「自分のための終活」をひととおりこなしたら、次は「他人のための終活」(※3)に手を付けてほしいと思います。自分が死んだあとのことは関係ない、残った人がうまくやってくれるさ、という態度には、わたしはいささか反対です。

葬儀ひとつとっても、昔と違って、親戚や近所の人が総出で手伝ってくれるケースばかりではありません。また以前なら起こりえない問題も起きて(※4)います。もしお墓の引越しが必要なら、後世にそれを託すのではなく、えいやっとご自分の世代で片を付けてほしいと思います。戸建ての家を引き継いで住んでくれる人がいそうにないのなら、業者の選定も含めて、解体や売却の道しるべを示してほしいと思います。

自分にとって面倒な問題は、後を託された人にはもっと面倒な問題です。自分の代でお墓を引っ越してしまっていいのか、親が長く住んでいた家を売却してしまっていいのか、決断ができないケースも多々あると思います。

そういうことを見越して、残された家族の負担が減るよう配慮をしておくこと。もう少し正確に言うのなら、「揉めそうなこと、判断に迷いそうなことを減らしておく」、それがここでいう「他人のための終活」です。

 

 

 

エンディングノートに始まり、エンディングノートに終わる

例えば代々のお墓に関して、必ずしもはっきりと結論を出す必要はありません。「お墓が遠すぎて不便だと思うなら、おまえたちの判断でお墓の引越しをしてもいい」。そう明言してもらえるだけでも、文書に残してもらえるだけでも、残された家族は楽になると思います。

普段はまったく付き合いのない親戚の重鎮が、亡くなった○○は生前こう言っていた、などと言い出して、かきまわされるケースも耳にしますが、「他人のための終活」をしておくことで、残された家族を守ることもできます。

そして、その残す文書は「遺言書(自筆証書遺言・公正証書遺言)」ではなく、エンディングノートが向いていると思います。終活はエンディングノートに始まり、エンディングノートに終わる。的なところでしょうか(笑)。

最後にもうひとつ。これも以前に書きましたが、エンディングノートを書いていて疲れてしまった場合、どうしたらいいでしょうか。答えは簡単、休んでください。休んで、気力が回復したらまた机に向かってください(※5)。終活は楽しんでやるもの、ですから。

それでは、また。みなさま、どうぞよい夏を。

 

 

 

※1 365日、トラック(塵芥車)が動いて
弊社の本業は一般廃棄物収集運搬業。世にごみがある限り、わたしにたちに休息はありません。実際に年中無休の店舗も多いですしね。うちの場合、各ドライバーは早朝に出発し、ぐるっとまわって処分場へ行き、お昼過ぎに上がっているのが常です。業態としては運送業に近いですよね。各車両にはアルコールをチェックする機器(息を吹きかけ、アルコールが検知されるとエンジンがかからないもの)と、ドライブレコーダーが装備されています。

※2 「むふふ」と楽しみながら遺言書を書く人はいない
とはいえ、終活マニアのわたしは例外で、いつも終活を楽しんでおります。公正証書遺言の仕組みを調べたときには、その制度設計の精緻さに脱帽(当コラム第12回・第13回参照)。いい意味で、お上の仕事に抜かりはないなあと感心したものです。他にも散骨ビジネス最前線など知れば知るほど好奇心を刺激され、ひとり「むふふ」と楽しんでおります。あなたもぜひ楽しい終活を。


※3 「他人のための終活」
ここでは残された家族が困らないように手を打っておくことを、「他人のための終活」とさせていただきました。家族は他人なのか、と思われた方もいるかもしれませんが、「自分以外は他人」という程度の意味だとご理解ください。当コラム第22回では、「家族が苦しい」というお話をしました。家族だから大切にすべきだ、という安易な態度はわたしは取りません。血の繋がった家族ゆえに苦しんでいる人もたくさんいます。自分を大切にできて、初めて他人(家族)を大切にできるものだと思います。

※4 以前なら起こりえない問題も起きて
ここではお墓の引越しを例に挙げましたが、これも以前なら起こりえない問題の典型例ですよね。長男は、代々先祖が残してくれた土地・家屋・職業を継承していくもの。それが当たり前で、本当につい最近まで、お墓の引越しをしたいなんて思った人はいないと思います。遠いけれど我慢して墓参りしよう、という対応も、しかし年齢的にだんだん難しくなり、ということだと思います。今までと違う現象が起きているので、今までと違う対応が必要になってくる。そのひとつが終活なのだと思います。

※5
 休んで、気力が回復したらまた机に向かってください
うちは浄土宗なのですが、法然上人のこんな逸話を思い出しました。南無阿弥陀仏をひたすら唱えなさいと教える上人に、念仏を唱えていると疲れてしまうのですが、どうしたらいいでしょうか、と訊く人がいました。答えて曰く、「疲れたら休みなさい。そして疲れが取れたら、再び南無阿弥陀仏を唱えなさい」。あれ、これ別に関連してないですかね(汗)。ということで無理は禁物。疲れたら休む。気が乗らないならやめる。これも以前書きましたが、わたしはあなたの心を動かそうとはしません。

 

 

 

バックナンバーはコチラ!

 

 

吉川徹(よしかわとおる) プロフィール
toru_yoshikawa4.jpg

1977年静岡県浜松市出身

遺品整理士(IS02984号)
終活カウンセラー上級インストラクター(15120603)
最終処分場管理責任者

【近況報告】
9月2日(土)、30日(土)とセミナーを行います。こちらは終活ではなく、環境啓発セミナー。テーマは「 2R 」で、西部清掃工場(浜松市西区篠原町)にて行います。また、9月16日(土)にはびぶれさま主催の恒例の終活イベント「ワンダフルライフ2017・秋」にて、終活セミナーを行う予定です。どちらも参加費無料、是非みなさまお越しくださいませ。